TITLE : スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク
[ - ]  - -

TITLE : 少年ナイフランド




 Amazonで普通に売っていたので条件反射で購入。1998年発行、


1982年に結成された女性3人組のバンド、少年ナイフの少女時代のアルバムから、インタビュー、アメリカツアー日記ほか、マンガ、イラストまで何でもありの一冊。少年ナイフのしくみがわかる。


 という、かなりごった煮な本です。 ノンビリと読んでいこうと思います。なにしろ
    活字がちっせえー。
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : ウッドストック/浅田 有皆 著

JUGEMテーマ:読書
  コミックバンチ連載のロックバンド漫画(笑)内容はここを見てもらうとして、大ヒットしたBECKを超えることができるのか楽しみなところ。
 BECKとウッドストックの最大の違いは登場人物のファッションがウッドストックのほうが圧倒的にオシャレなところ(爆) BECKの登場人物は男女をとわず基本Tシャツ、ジーンズ、スニーカー、読んでいた時は気にもならなかったけどウッドストックを読んだ後やとあんまりやなあと感じた次第。(笑)
 週刊誌の連載は読んでいないので、最近は少々失速気味という噂が気になるところですが、4/9に第4巻が発売されるのでまずは読んでからやね。
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : レモン月夜の宇宙船

JUGEMテーマ:読書 
 去年の6月に亡くなられた、宇宙軍大元帥野田昌宏の1976年に発刊された初短編集に書籍未収録だった創作短編1編と、さらに、初期エッセイ集『SFパノラマ館』から抜粋したエッセイほかをてんこ盛りにして再刊された、お得な一冊。
 野田さんの文章はホンマ大好きやねえ。男の子らしい(笑)オーディオとか車、ガジェットのことがいっぱい書かれていて、しかも実にSF的な詩情とロマンが独特のユーモアたっぷりの野田節で語られる、ほんとに楽しい。
 SFファンじゃなくても十分楽しめると思いますので、本屋で手に取ってみてください。(^^)
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : 20世紀少年探偵団

JUGEMテーマ:読書

 この本は「20世紀少年」のマンガや映画の解説書ではないのでご注意を、でも決してパチ本ではありません(笑)
 本の帯に[ケンジと仲間たちが生きた時代の裏側を再発掘!! これを読めば「20世紀少年」が、もっと深く、もっと面白く見えてくる!!]と、書かれているように「20世紀少年」の作者で1960年生まれの浦沢直樹が同じ1960年生まれのライター竹熊健太郎に「70年代を解説して欲しい」と依頼してできた本なのです。
 「20世紀少年」の主人公たちも1960年生まれで、彼らが少年時代を過ごし「20世紀少年」のメインモチーフとなっているが1970年代。これを読めば当時を知らない若い人も元ネタがわかり、楽しさも倍増すると思います。増版も決まったそうなので、品切れでももうすぐ入荷すると思いますのでしばしお待ちを。
 そして70年代ネタはまだ続くのであった(笑)
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : The Winston Effect: The Art and History of Stan Winston Studio

JUGEMテーマ:映画

 amazonに勧められてついつい買ってしまった。(^_^; スタン・ウィンストンはスペシャル・メイク、アニマトロニクス、メカニカル・エフェクトの分野で重鎮とされる人物で、「ターミネーター」「プレデター」「ジュラシック・パーク」などを手がけてると書けば、どのような分野かおわかりいただけるかと。デジタル・エフェクトが全盛やけど、実物大の恐竜とかロボットってやっぱりええよね。おいらはもちろんデジタルな物も好きやけど、根っこのところでは形としてあって欲しいというのがあるんやね。仕事の建築模型もデジタルのCADデータからレーザー加工機でパーツが切り出され、人の手によって組み立て、塗装、仕上げと徐々に実体化されていく醍醐味はやっぱり楽しいものです。(^^)
続きを読む >>
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : 天満のスイッち

 
 3月16日に大阪の北区限定で発売された「天満のスイッち」 詳しくはこちらを見ていただくとして、天満生活も3年目に突入しましたがやっぱり住みやすいところです。(^^) 梅田から徒歩圏内でありながら物価も安いしこの本に紹介されてるようにおもしろいお店がたくさんあって、まだまだ増えてます。個人的には特徴のある古本屋がたくさんあるのがうれしいところです。皆さんも「天満のスイッち」で予習して天満に遊びに来てみてはいかがでしょうか。
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : スターログ日本語版 休刊

若旦那の独り言 Ver.X で知ったのですがスターログ日本語版が二度目の休刊ですよ。どうりで発売日が過ぎてるのに売ってないないなあと思ってたんよね。おいらは最初の1978年発行の号から買ってたからなあ。
 ちなみにこれが1978年発行の創刊号、100号で最初の休刊になったんですよ。当時は公開されるSF映画の数が多くなかったので、スターログ日本語版もSF総合情報雑誌という感じでしたね。(もっとわかりやすく言うとオタク雑誌)大林宣彦監督の「特殊視覚効果物語」とか森まさあきさんの「How to love the monsters」とか連載もかなりごった煮でおもしろかったですよ。
 あくまでも休刊ということなので、復刊することを期待しようかな。今度復刊するときは昔のような感じでお願いします。
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : RANDOM WALK


 日曜日、5月11日に大阪ミナミ、アメリカ村にオープンしたRANDOM WALK心斎橋店に行ってきました。(^^)こじんまりとした洋書・洋雑誌の本屋さんですが、アート、デザイン関係が充実しています。1Fが洋書・洋雑誌、2Fがペーパーバックと絵本の売り場になってて、いやあ楽しい楽しい。で、今回は

 the macro world of "micro cars"という本を購入。 小ちゃい車が好きなおいらはこの手の本に目がないのです。月に1回ぐらいはチェックしにこなあかんね。(^^)
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : MAKING TRUCK

 天神橋筋2丁目にある西日本書店。商店街の小さな本屋さんですが、デザイン関係の本や雑誌が充実していて、おいらのお気に入りなんです。(^_^)
 そこで見つけたのが、

MAKING TRUCK、いまや全国区になった大阪は玉造にある家具やさんのオーナー夫妻の日常のエピソード、ものづくりの基本となる考えやプロセス、その根っこのところなどを、ふんだんなビジュアルを織り交ぜながらまとめた1冊。おいらもTRUCKのダイニングテーブルとチェアー、そしてソファーを愛用してます。
 この本を読むと生活のなかに自然に仕事があって、だからあのようなシンプルで実用的な家具ができるんやなと思います。DMとかカタログもめっちゃセンスがええんですよ。 新しいソファーほしい〜。(笑)
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(0)

TITLE : The Art of Wallace And Gromit

 本屋に行く暇がなかったのでAmazonで購入。

The Art of Wallace And Gromit: The Curse Of The Were-Rabbit

 「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」の資料集です。おいらまだ映画見てません。しかも上映は4/28まで、またDVD待ちやね。(^_^;
 キャラクターは漫画チックなのに背景のセットは凝りに凝ってるのが「ウォレスとグルミット」の魅力の一つやね。もちろん脚本が圧倒的にすばらしいのは言うまでもないですが。
 この手の本はあるうちに買っといたほうがええですよ。Amazonでは今すでに在庫は2冊。急げ!(笑)
posted by toshi
[ Book ]  comments(0) trackbacks(1)